FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

局長日誌25 『メーホンソーン案内記 追記』

 人と人との出会いやご縁というのは本当に不思議なもので、昭恵奥様、将口さん、岩城さんと私というこのメンバーで戦歿者巡礼の地を廻ったとということもきっと何かの思し召しであろうと思う。またメーホンソーンをご案内したことが機縁となって、私が予てから尊敬してやまない安倍晋三先生と下関のご実家でお目にかかれるという栄誉をいただいた。またご自宅では、仏間にご案内していただき、そこに祀られている方々の霊位と向き合わせていただいた。 私は来世までこの栄誉を持って行くつもりである。 機会があれば局長日誌『日本帰国編』としてまとめたいが、まずはダイジェスト版として、短い解説を添えた関連写真を近いうちにアップロードできたらと思っている。

 『メーホンソーン案内記』の後半では、特に昭恵奥様のお人柄について私が率直に感じたことを述べた。 本来ならば将口さんと岩城さんのことももっともっと私なりに描写したかったのだが、そうすると私の筆力では、この『メーホンソーン案内記』は来年までかかっても脱稿することはできないと思うので泣く泣く省略した。魅力的なお二人のことをもっと詳しく書けたらこの『メーホンソーン案内記』にも幅ができたと思う。それにはまず私の文章力を鍛えなければならない。 文章力と言えば将口さんはプロの作家であるが、その将口さんが先月
『チベットからの遺言』という本を上梓された。廃仏毀釈の嵐が吹き荒れる明治期、チベットとチベット仏教を守るために海を渡った日本人僧侶の物語である。オンライン書店アマゾンではすでに5つ星の評価がでている。本のタイトルをクリックしたら関連ページにリンクするようにしているので是非ご覧になっていただきたい。私も近日中に購入して内容を楽しみながら文章の勉強をさせていただくつもりだ。
 
 また『メーホンソーン案内記』ではキーマン的な役割を果たしてもらっている岩城さんであるが、今後も連絡を取り合ってビルマ(現ミャンマー)入国の際にはいろいろとアドバイスをいただきたいと思っている。そしてまたいつの日か私と酒を酌み交わしていただきたい。(ちなみに岩城さんは超酒豪!)それが日本で実現するか、タイで実現するか、ビルマで実現するかは分からないが、兎に角、岩城さんの今後の活動が実り多きものであるよう、心から祈念している。

 そして最後に、昭恵奥様には大変お世話になり、なんとお礼を申し上げたらよいか申し上げる言葉も見つからない。私には、お礼として差し上げられるようなものは何もないが、『メーホンソーン案内記最終話』の最後で詠んだ和歌を昭恵奥様に捧げたい。 
私が、生まれてはじめて女性に贈る歌である。 

 

   
 
スポンサーサイト

テーマ : タイ・チェンマイ - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。