FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

局長日誌22 メーホンソーン案内記 第6話

 トーペー寺からクンユアムの中心部へ向かう道の途中、私達は「ゲーオおばあさん」のご自宅に立ち寄った。通称''ゲーオおばあさん” 本名 キアオ ジャンタシーマさんはそろそろ米寿を迎えようとしている。 将口さんの著書「未帰還兵 -六十二年目の証言-」の中にも登場するが、ゲーオさんは、クンユアムに後退してきた日本兵士と結婚した方である。 兵士の名前は「フクダ サンペイ」。
 
 戦中戦後、クンユアム郡には多数の日本兵士が駐留したが、フクダさんもその中の一人であった。ある日、フクダさんは、ゲーオさんのお父さんと物々交換の市場で知り合う。フクダさんを気に入った彼は、フクダさんを自宅に連れて帰りもてなした。それがきっかけとなり、フクダさんはゲーオさんの家を度々訪れるようになる。 大東亜戦争が終わり、戦後処理が始まるとクンユアムに駐留していた日本兵士達は次々とチェンマイへ移送されていったが、フクダさんは部隊に復帰せずそのままクンユアムに留まり、ゲーオさんの自宅に匿ってもらいながらこの地で生活を続けた。礼儀正しく真面目で頭脳明晰だったフクダさんをゲーオさんのお父さんは日増しに気に入りついに自分の娘であるゲーオさんにフクダさんと結婚するよう勧めるのであった。 最初ゲーオさんは、周りの目もあり躊躇していたが、結婚を決意する。結婚後は二人の子宝にも恵まれた。手先が器用だったフクダさんは、何でもできた。農作業は勿論のこと、機械の修理、金属加工、電気工事、拳銃まで自分で作ることができた。そして勤勉なフクダさんはとにかく一生懸命働いたし、村人が困っていると親身になって助けた。そんなフクダさんと結婚したゲーオさんを周りの人は羨ましがったという。

 しかしゲーオさんにとっての幸せな日々はそう長くは続かなかった。 戦争が終わってから5年後のある日、フクダさん一家を悲劇が襲う。 国境近くに建てられた発電所の工事現場に勤めに行っていたフクダさんをタイの警察が逮捕し連行したのだ。 フクダさんが旧日本兵士であるということは周知の事実であったが、皆それを承知でフクダさんを匿っていたので、村人にとってこの逮捕劇はまさに寝耳に水であったという。ゲーオさんは、郡の関係者や警察、町の有力者達に、フクダさんを釈放してくれるよう何度も何度も出向いていって嘆願した。 しかしゲーオさんの願いが叶えられることは遂になかった。 それから数日後、とうとうフクダさんは捕縛されたまま象に乗せられチェンマイへと移送されたのであった。チェンマイへ移送されるフクダさんにゲーオさんは3万バーツを渡した。63年前の3万バーツをである。ゲーオさんはたとえ自分と子供達がこれから一文無しになろうとも、フクダさんがこれから行く先々で困らないよう、そしていつの日にかきっとまたクンユアムに帰ってこれるようにと大金をフクダさんに持たせた。 しかし、ゲーオさんの願いも空しく、その日がフクダさんと彼女の今生の別れとなる。

 それから数ヶ月が経ってから、ゲーオさんのもとに悲しい知らせが届いた。フクダさんがバンコクの強制収容所で亡くなったという知らせだ。 フクダさんはチェンマイに移送される途中、脱走を図る。しかし拳銃で足を撃たれその場で取り押さえられてしまう。チェンマイに移送された後はバンコクの強制収容所に収監されたのだが、そこでマラリアを患い死亡する・・・。

 それからのゲーオさんの人生は苦難に満ちたものであった。フクダさんが連行されてからは親戚もゲーオさん一家に冷たくなった。またフクダさんがいた頃はあんなにゲーオさんのことを羨ましがっていた村人達も次第にゲーオさんの悪口を言って蔑むようになった。「あいつは日本人と結婚した女だ」と。 しかしそんな村人の心無い言葉に負けないように、ゲーオさんは一生懸命働いた。フクダとの愛の証である二人の子供達の為に。二人を父のような立派な成人に育てるために。

「フクダにもう一度会いたい・・・。」私達にフクダさんの話を語り終えたゲーオおばあさんがポツリと言った。

目に涙を浮かべながらゲーオおばあさんの話を聞いていた昭恵夫人の頬を涙のしずくがつたう。
「きっと・・・、天国で・・・・、もう一度会えますよ・・・。」声にならない声で昭恵夫人がそう励ますのを私はタイ語に通訳してゲーオおばあさんに伝えた。

それを聞いたゲーオおばあさんは顔の前で合掌し昭恵夫人に深々とお辞儀した。そして「来世でもう一度フクダと一緒になりたい・・・。」と涙ながらに答えた。

「来世はきっとフクダさんと幸せになれますよ。日本で出会うかもしれませんね。」ゲーオおばあさんの肩を抱いて優しく声をかける昭恵夫人。たとえ私がタイ語に通訳しなかったとしても、昭恵夫人の思いやりはゲーオおばあさんに伝わったことだろう。


ゲーオばあさんと昭恵さん




  
スポンサーサイト

テーマ : タイ・チェンマイ - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。