FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国王陛下は喜んで安倍首相の謁見をお受けになられた

 
 1月17日にタイのプミポン国王が安倍首相ご夫妻の謁見をお受けに成られた模様を報道したタイのニュースを日本語に訳してみました(^_-)-☆

 浅学菲才なものですから、皇室や王室に対して使う言葉遣いが正しくないかもしれませんが、意味は通じると思います。あと翻訳の難しさなのですが、原文をダイレクトに直訳すると意味不明になるので、分かりやすいように意訳しなければなりません。いかに原文に近づけて意訳するかは翻訳者の力量が問われるところなのですが、捏造はしておりませんので、その辺はどうぞご安心してご覧ください(*^-^*)





 国王陛下は喜んで安倍首相の謁見をお受けになられた(動画のタイトル)

 こんばんは。この時間は7チャンネルからタイ宮内庁発表の王室ニュースをお伝えします。

 国王陛下は、タイを公式訪問中の安倍晋三首相の謁見をお受けになりました。本日(平25年1月17日)17:15分 国王陛下は、シリラート病院チャラームプラキアット病棟14階ガラヤニーワッタナー内親王会議室に御出であそばされ、インラック首相そして1月17日から18日までタイを公式訪問している日本国総理大臣 安倍晋三首相と安倍昭恵夫人そして付き添いの一行の謁見をお受けになりました。またこの謁見の席では在京タイ大使館のタナティップ ウパティシン大使とシントーン ラープピセーパン公使がタイ語・日本語の通訳を務めました。

 今回の謁見の席で安倍首相は日本の皇室からの親書を読み上げ、両国間の良好な関係とその重要性そして大震災発生後の日本国民に対するタイ国民からの援助に関して皇室が御礼を表明されていることを国王陛下に伝えました。これに対し国王陛下は、ハイテク技術の進化と日本国民が一致団結して今回の震災やその他の問題に立ち向かっていこうとしていることを賞賛になり、日本がハイテク技術を使い、また心を一つにして大震災そして経済問題などその他の問題から回復することを願うと応じられました。そして日本国民が今回の問題に立ち向かう姿は、問題を抱えるその他の国々のよいお手本となることであろうと述べ賜りました。

 また、国王陛下は、王室と皇室そして両国民の近くて良好な関係について大いに喜ばれており、そのことは、既に良好であるタイと日本の両国間の関係をさらに発展させ強固なものにすることであろうと述べ賜りました。


翻訳:タイ国チェンマイ県在住邦人 小西 誠


スポンサーサイト

テーマ : 安倍晋三 - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。