FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三先生、山谷えり子先生、遠藤利明先生が「タイ・ビルマ方面戦病歿者追悼之碑」にご来臨されました。

 12月16日 日本国第90代首相 安倍晋三先生と元首相補佐官 山谷えり子先生そして元文部科学省副大臣 遠藤利明先生のお三方が「タイ・ビルマ方面戦病歿者追悼之碑」をご参拝されました。

 百聞は一見に如かず。まずは写真でその時の様子をご覧ください。

008



011



「タイ・ビルマ方面戦病歿者追悼之碑」が建立された経緯について皆様に説明申し上げているところです。
018


目を閉じて私の説明をお聞きになられる安倍先生。
020


バーガートウィタヤーコム中高校の日本語学科の学生達も追悼之碑に集まりました。
022


朝日に輝く「タイ・ビルマ方面戦病歿者追悼之碑」
028




030



追悼之碑の下に現存する井戸をご覧になられる安倍先生。先の大戦中、この井戸の中に日本の兵隊さんのご遺体が多数埋葬されました。
031


お参りが終わった後、バーンガートウィタヤーコム中高校の関係者と談笑される安倍先生。
037



038



日本語学科の学生達と談笑される先生方
039


現地の学生達とご交流なされる先生方の眼差しは皆様とても優しかったです!
041



042



046



048



049



052


バーンガートウィタヤーコム中高校日本語学科の先生から、学校内における日本語教育事情の説明をお受けになる安倍先生。
054



061


追悼之碑の前で記念撮影。写真右端は、バーンガートウィタヤーコム中高校初代校長 現慧燈財団副理事長 セリー スワンナペット、隣はバーンガートウィタヤーコム中高校現校長のウィライワン ピリヤグリット校長。
077



日本語学科の学生達と一緒に記念撮影。
079



083



橋本龍太郎元首相のご揮毫による「安らかに」の文字が鋳込まれた大梵鐘をご覧になる先生方。
084



086


大梵鐘がここに安置されることになった経緯についてご説明申し上げました。
090



一緒に大梵鐘を撞かれる先生方。この時の鐘の音は、未だ発掘されずに今もタイやビルマのどこかに眠っている多くの英霊達の御魂に届いたことでしょう。
100



鐘楼が建設された時のことについて山谷先生にご説明申し上げました。
109



110


112


大梵鐘が安置されている鐘楼の前で学生や関係者達と記念撮影。
113



114



115



118


いかがだったでしょうか。

次号の「インタノンヤマノボレ」では、先生方が追悼之碑にお越しになることになった経緯や今回の写真で伝えることができなかったことなどについてまとめた記事を掲載します。









スポンサーサイト

テーマ : タイ・チェンマイ - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。